ヨシヨシの所在地

ヨシヨシの所在地


アクセスマップでは表現できない、御徒町のお話

住所の東京都「台東区台東」は歴史の古い地、文化の香りが高く、下町ショッピングの楽しい街です。 「台東区台東」は「たいとうくたいとう」と読みます。「だ」とは濁らない。これってとっても大切ですよ。「台東」は上野の丘の東という意味になります。

上野地域は、浅草、上野、神田、日本橋、銀座と続く江戸の歴史地区と言っても良く、四季折々の風物があり、美術館、博物館の催物も盛りだくさん、東京を代表する観光地です。

高校生の頃からこの地で過ごすことが多く、社会人になってからはこの地で仕事をしている私の人生を使ってもまだなお全てを知り得ない、この丘はあまりにも深い森のようです。

上野中央通り(正面奥は上野公園)

ヨシヨシはその上野地域にあります。
最寄駅は「御徒町(おかちまち)(JR山手線)、仲御徒町(東京メトロ日比谷線)、新御徒町(都営地下鉄大江戸線)」の3駅です。 「御徒町(おかちまち)」の名称は徳川時代から続く地名に由来し、それが駅名になっています。

この街の近くには浅草や湯島といった古くからの商業地がありますから、江戸、明治、大正、昭和を通じて、「飾り小物」を作る職人さんたちの文化がはぐくまれてきたといえるようです。現代はジュエリーに関連する会社が多く、日本のジュエリー産業の中心の一つでもあります。

東京のファッションを代表する街といえば銀座、青山、代官山、などを思いうかべるかもしれません。それと比べると、御徒町は街並みが美しいとは言えませんし、センスも感じられません。しかし、この地域から誕生するジュエリーは、大手の問屋、小売店、ブランドの商品として、皆さんの目に触れています。

御徒町駅南口周辺

周辺のオフィスビルではジュエリーに関係する外国人も多く目にします。素材としての多くの宝石が取引され、日本の入り口、海外への出口の役割を果たしています。

そんなわけで、ヨシヨシのジュエリーは代表的な産地だけが持つ、優れた環境を生かして、「モノ創り」にこだわることができます。 お米でいえば新潟の水田地帯のコシヒカリのように…産地直送ジュエリー。
おいしいものを真心こめてお届けいたします。

御徒町駅からヨシヨシのあるビルを望む